大人ニキビを知る

思春期のニキビと大人のニキビは原因が違うことが多くなります。
思春期のニキビの場合には、ホルモンが過剰に分泌されてしまうことにより、顔一面にニキビが大量にできるのに対し、大人になってからできるニキビは大き目のニキビがポツポツと数えることができる程度、肌にできる場合が多いとされています。
大人になってからできるニキビの場合、ストレスや生活習慣の乱れで起こることが非常に多いとされています。男性の場合には特に、仕事のストレスや夜遅くまで付き合いにより、飲酒を行うことで、ニキビができてしまう人が多くなっています。女性の場合にもストレスにより、ニキビができてしまう人もいますが、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことにより、生理周期にあわせてニキビができてしまう人が多いとされています。
大人になってからできるニキビは思春期の頃にできてしまうニキビより、ニキビ治療をしやすいとされています。ですが、若い頃に比べ、代謝が悪くなっている人も多く、跡残りしやすく、同じ部位にできやすいと言われています。
大人になってからニキビができやすくなってしまった場合には、肌のターンオーバーを高めるように努力をしてみましょう。歳を重ねると、ターンオーバーが遅くなりますから、それだけ肌に老廃物がたまりやすくなります。ストレス解消や飲酒などをやめることができない場合には、毎日の保湿次第で、ニキビができにくい肌を作り出すことができますから、試してみましょう。


▲TOPへ戻る