ニキビ跡を改善させるには

ニキビ跡は努力次第で改善させることが可能となります。
ニキビ跡が気になる場合には、ターンオーバーを促進することが大切です。ターンオーバーを促すことで、皮膚の再生が早くなりますから、ニキビ跡が消えやすくなるのです。ターンオーバーを促す方法としては、保湿をしっかりとおこなう事や、ピーリングなどを週に1回程度取り入れるという事、新陳代謝を高める事などを取り入れると良いでしょう。
赤ニキビと違い、赤いニキビ跡の場合には、薬で対処することができませんから、自然に回復するのを待つしかありません。赤いニキビ跡をつぶしてしまったり、いじってしまうと、ニキビ跡が改善するのに更に時間を要することになりますし、赤いニキビ跡が改善した後、クレーターと呼ばれる、皮膚にへこみができてしまう場合がありますので、自然に回復するのを待ちましょう。
ビタミン類を積極的に摂取し、皮膚の再生を高めるという方法もお勧めです。サプリメントや、果物、野菜類の摂取をすることで、肌の再生を高めることができます。
規則正しい生活によっても、ニキビ跡を早く改善させることが可能となります。肌の再生は夜寝ている間に行われます。夜の10時から夜中の2時ごろまでが、お肌のゴールデンタイムとされており、その時間に眠っていることで、肌を再生させる力が強まります。
ニキビがひどいと、それだけニキビ跡を消すことも難しくなりますから、ニキビ治療を取り入れ、ニキビを悪化させないように心掛けることが大切となるのです。


▲TOPへ戻る