ニキビができる場所と原因について

ニキビができてしまう場所によって、ニキビの原因を追究することができる場合があります。
ニキビ治療をする場合、原因がわかっている方が治療が早く進みますから、自分のニキビがどこに出来やすいかをチェックしてみましょう。
おでこやTゾーンにできてしまうニキビの場合、髪の毛が付着していることでできてしまっている可能性が高くなりますし、Uゾーンにできてしまうニキビはストレスや、ホルモンバランスの乱れが原因となっている場合が多くなります。
口周りにニキビができてしまう場合には、油分が多い食事をすることで起こりますし、鼻周りにできてしまう場合には、洗顔が上手くいっておらず、毛穴に皮脂が溜まっていることでできるとされています。
体の不調が起こると、ニキビができる場所にも違いが出ると言われており、こめかみや髪の毛の生え際にできるニキビは、情緒が安定していない時に出来やすいとされていますし、頬や口周りにできるニキビの場合には、胃腸が弱くなっている可能性があります。おでこや鼻の場合には、肺が弱くなっている場合や、皮膚が弱くなっている時に出来やすいとされています。
あまりニキビができない人の場合、たまにできるニキビで、体が弱っている部分を見極めることができるのですが、いつでも顔の様々な部分にニキビができている人の場合、ニキビの場所により、原因を追究するのが難しいとされています。男性であり、若い世代の場合いは、頬一面にニキビができてしまう人が多く、皮脂の過剰な分泌が原因となっています。


▲TOPへ戻る