ニキビはつぶしても良いのか

ニキビをつぶした方が早く治ると思っている人は非常に多くいます。
白ニキビの先がとがっている場合や、黄色ニキビとなって、膿んでしまっているようなニキビの場合には、つぶした方が早く治ります。ですが、黄色ニキビは肌の中が膿んでしまっているため、肌の表面に傷をつけてしまうと、ニキビ跡が残りやすくなってしまいます。黄色ニキビとなってしまうと、治った後のシミは確実にできてしまうのですが、ニキビをつぶしてしまう事で、そのシミは更に広がり、数年たってもシミが改善しないという事も少なくありません。つぶした時に上手く全ての膿やニキビの芯となっている部分を出すことができないと、再度同じ部分にニキビができてしまう事もありますし、強い力をかけ、ニキビの周りの皮膚も傷つけてしまう事がありますから注意しましょう。
白ニキビの場合には、皮膚の表面の薄皮程度となりますから、大きなシミとなってしまったり、跡残りしてしまう事はほとんどないとされていますし、放っておくと、白ニキビが悪化してしまう事もありますから、中身を押し出してしまって良いでしょう。病院でのニキビ治療でも白ニキビはつぶすことがあります。ニキビの芯が見えている状態であれば、少しの力で簡単に押し出すことができます。ですが、中身が見えていないようなただのふくらみとなっているようなニキビは白ニキビとは別のニキビとなりますから、つぶしてはいけません。
ニキビは放置して置いても、自然の力で治すことが可能ですが、つぶしてしまった方が早く治るケースもありますから、ニキビをつぶす場合には、肌に傷をつけてしまわないように注意しましょう。


▲TOPへ戻る