ニキビとホルモンバランスの関係とは

ニキビが出来やすい人の場合、ホルモンバランスが乱れてしまう事が原因となっている人も少なくありません。思春期の男女や、生理前の女性など、ニキビが出来やすくなってしまう人は非常に多くなっています。男女共に、からだの中には、男性ホルモンと、女性ホルモンが両方あり、男性ホルモンが多くなってしまうことで、ニキビが出来やすくなってしまうとされています。女性ホルモンが増えることで、ニキビが出来にくい状態を作り出すことができるとされています。女性ホルモンが多く体の中にあれば、それだけニキビが出来にくい肌となるのですが、女性ホルモンが多いと、子宮がんや乳がんなどのリスクが高くなってしまうとされています。
男性の場合、男性ホルモンが多すぎてしまうと、ムダ毛が濃くなってしまったり、ニキビが出来やすくなってしまうのですが、女性のように、女性ホルモンを活発にさせるという方法を取ることは難しいため、生活習慣が乱れてしまわないようにすることや、ストレスを溜めないようにすることで、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまわないように心掛けるという方法を取り入れてみると良いでしょう。
女性ホルモンを活発にさせる方法としては、豆乳や納豆など、大豆製品を多く摂取すると効果が高いとされています。大豆に含まれるイソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをしますから、男女ともに大豆製品を進んで摂取するとニキビ治療に効果的と言えるでしょう。


▲TOPへ戻る