ニキビ治療の間違った方法とは

ニキビを早く治したいからといって、間違ったニキビ治療を行ってしまっている人もいます。
病院で、白ニキビを受診した場合、つぶして処置をする医師もいますが、白ニキビであれば、つぶすことで、悪化せずに治すことができるとされています。赤ニキビや黄色ニキビは決してつぶしてはいけません。ニキビ跡が酷くなってしまう原因となりますから、自分自身でケアをする時にも、赤ニキビや黄色ニキビはつぶさずに治しましょう。つぶしてよい白ニキビにも種類があり、肌の表面に白い芯が見えている時だけつぶしても良いとされています。肌が盛り上がっており、どこにニキビの芯があるかわからない時には、つぶしてはいけません。コメドと呼ばれる皮脂や老廃物のつまりが肌の表面から飛び出している時にも取り除いて構いません。毛抜きで軽く引っ張れば取り除くことが可能です。
ニキビができている部分を念入りに洗い、清潔を保とうと考える人もいますが、ゴシゴシとこすってしまうようなことはNGとなります。泡立てた洗顔料を軽くのせる程度で洗顔は十分です。
市販のニキビ治療薬を何種類も利用することもNGとなりますから、1つのニキビ治療薬の効果を期待しましょう。
ニキビを早く治したい気持ちはわかりますが、間違った治療を行ってしまうと、ニキビが早く治るどころか、悪化させてしまう事になりますから、正しいニキビ治療を取り入れ、少しでも早くニキビ肌を改善させるようにすると良いでしょう。


▲TOPへ戻る