食事の改善によりニキビ治療をする

ニキビと食生活は非常に深い関係があります。
ニキビ治療を考えている場合には、できるだけ油分の多い食事は控えることが大切とされています。油分の多い食事をすると、体内で油分を全て消化することができず、肌の表面がオイリー肌となってしまいます。オイリー肌となってしまうと、毛穴の中に、皮脂が溜まりやすくなりますから、ニキビができやすくなってしまいます。魚などの油分は体に溜まりにくく、ニキビの元とはなりませんが、肉や、サラダオイル、バターやマーガリンなど、オイリー肌の原因となってしまいますから、そのような油分の摂取を抑えるようにしましょう。特にお菓子やケーキなど、デザートが好きな人は要注意です。糖分の過剰摂取もニキビの原因になるとされていますし、スナック菓子やチョコレートだけではなく、クッキーや生クリームなど、オイリー肌の原因となる油分を多く使われている物ばかりとなります。毎日デザートを食べる人や、肉食である人は魚を利用した、和食中心の食生活に切り替えることで、ニキビが改善します。他の原因も重なってニキビができてしまう人も多いのですが、食事の改善により、確実にニキビができにくい肌を作り出すことができるとされていますから、是非取り入れてみましょう。
デザートが食べたくなったら、ビタミンが豊富な果物を選ぶようにしましょう。果物を利用してゼリーを作る方法や、炭酸水を加えてフルーツポンチを作るなど、アイディア次第で、様々なデザートを考えてみましょう。


▲TOPへ戻る