ニキビの種類を知る

ニキビには種類があります。種類といっても、ニキビが酷くなる過程を色で表すだけの物なのですが、皮脂や老廃物が溜まってしまい、毛穴の部分が盛り上がってしまうと、白ニキビと呼ばれるニキビとなります。白ニキビに炎症が起きてしまうと、菌が繁殖してしまい、赤ニキビと呼ばれる状態となり、赤ニキビが更にひどくなり、膿が溜まってしまったような状態となると、黄色ニキビと呼ばれるニキビになります。
白ニキビは炎症が起きておらず、ニキビ治療の方法としては、つぶして中の老廃物や皮脂を押し出すという医師もいます。炎症さえ起きていなければ、そのまま放置しておいても問題はなく、自然に白ニキビが消えてしまう場合もあれば、いつまでも滞ってしまう場合もあります。
赤ニキビの場合には、黄色ニキビにならないようにしなければいけませんから、清潔を心掛けることが大切です。赤ニキビは炎症がひどい状態となりますから、触ったりつぶしたりしてはいけません。つぶしても皮脂を取り除くことができない場合が多く、ニキビを悪化させてしまったり、後残りがひどくなってしまう事もありますから、注意しましょう。
黄色ニキビとなってしまうと、確実に後が残ってしまいます。膿が溜まれば自然とニキビがつぶれてしまう場合もありますし、自然と治ることもありますが、黄色ニキビの場合には、クレーターと呼ばれるニキビ跡が残ってしまう事が多くなりますから、黄色ニキビになる前にニキビを治すようにしましょう。

 


▲TOPへ戻る